脳神経外科・脳神経内科・精神科・循環器内科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科

柏葉脳神経外科病院

トップ »私達の取組 >医療安全管理指針について

医療安全管理指針について

1.総則

1-1 基本理念
医療現場では医療従事者の少しの不注意等が、医療上予期しない状況や望ましくない事態を引き起こし、患者の健康や生命を損なう結果を招くことがある。
我々医療従事者には、患者の安全を確保するための不断の努力が求められている。さらに、日常診療の過程に幾つかのチェックポイントを設けるなど、単独、あるいは重複した過ちが、医療事故というかたちで患者に実害を及ぼすことのないような仕組みを院内に構築することも重要である。
本指針はこのような考え方のもとに、それぞれの医療従事者の個人レベルでの事故防止対策と、医療施設全体の組織的な事故防止対策の二つの対策を推し進めることによって、医療事故の発生を未然に防ぎ、患者が安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標とする。当院においては病院長のリーダーシップのもと、全職員がそれぞれの立場からこの問題に取り組むことで、患者の安全を確保しつつ必要な医療を提供していくものとし、全職員の積極的な取組みを要請する。
1-2 組織および体制
当院における医療安全対策と患者の安全確保を推進するために、本指針に基づき以下の組織等を設置する。
  1. 医療安全管理委員会
  2. セーフティマネジメント委員会
  3. 医療安全管理室
  4. 医療に係る安全確保を目的とした報告会
  5. 医療に係る安全管理のための研修会
  6. 院内感染対策委員会
  7. 防災委員会
  8. 医療ガス安全委員会
  9. 褥創対策委員会

2.医療安全管理委員会、セーフティマネジメント委員会

2-1 医療安全管理委員会、セーフティマネジメント委員会の設置
当院での医療安全に対する方針の決定や、それらの管理対策を総合的に企画・実施するために、医療安全管理委員会ならびに、その下部組織としてのセーフティマネジメント委員会を設置する。規定は別紙に定める。

3.医療安全管理室

3-1 医療安全管理室の設置
医療安全管理委員会で決定された方針に基づき、組織横断的に安全対策の推進や管理体制の充実を図るなど、院内の安全管理を担うため医療安全管理室を設置する。
  1. 医療安全管理室は室長を副院長とし、専従の医療安全管理者及び専任の管理部代表者、薬剤安全管理責任者、看護科長代表者、医療機器安全管理責任者、院内感染管理者で構成され、医療安全管理委員会にも属することとする。また、必要に応じ他職員が配置される場合もある。
  2. 医療安全管理室は週1回程度のカンファレンスを開催する。カンファレンスではインシデント・アクシデントの事例分析と対策の妥当性と評価、セーフティマネジャーの教育や支援、研修会の企画など、医療安全推進に関わる内容を検討する。また、死亡退院に関して入院から死亡までの経過を確認、事故調査・支援センターへの報告の必要性について検討し、結果を医療安全管理委員会へ提出する。
  3. その他、医療安全管理室の業務内容としては日常の医療安全に関すること、医療安全管理委員会で用いられる資料の作成保存、医療事故発生時にあっては医療安全管理室長の指示の下、対策と事後処理及び指導、他、医療安全推進に関わることなど。
3-2 医療安全管理者の位置づけ
医療安全管理者とは、病院長から医療の質と安全確保のために必要な権限の委譲と資源を付与され、組織横断的に業務を行う者とする。また、医療安全管理者は病院長の指示に基づき以下の権限を行使できる。
  1. 医療安全に関する体制の構築
  2. 医療事故防止に向けた活動
3-3 医療安全管理者の業務
医療安全管理推進のため、医療安全管理室に専従の医療安全管理者を置く。医療安全管理者は医療安全管理室長の指示の下、必要に応じてセーフティマネジャーと連携・協同し以下の業務を行う。
  1. アクシデント・インシデント事例の収集・分析と対策の検討
  2. 医療安全職場連絡会の開催
  3. 医療安全管理委員会での医療安全職場連絡会の活動に関する報告・提案
  4. 職員研修の企画、運営
  5. マニュアルの整備、周知
  6. 各セクション担当者への支援、教育
  7. 医療安全に関する相談窓口
  8. 医療安全に関する情報の収集と発信
  9. 医療安全管理室の業務に関する企画、立案、評価

4.報告等にもとづく医療に係る安全確保を目的とした改善方策

4-1 報告とその目的
この報告は医療安全を確保するためのシステムの改善や教育・研修の資料とすることのみを目的としており、報告者はその報告によって何ら不利益を受けないことを確約する。具体的には、1)院内における医療事故や、危うく事故になりかけた事例等を検討し、医療の改善に資する事故予防対策、再発防止策を策定すること、2)これらの対策の実施状況や効果の評価・点検等に活用しうる情報を院内全体から収集することを目的とする。これらの目的を達成するため、すべての職員は次項以下に定める要領に従い、医療事故等の報告を行うものとする。
4-2 報告に基づく情報収集
(1)報告すべき事項
(2)報告の事項
4-3 報告内容の検討等
(1)改善策の策定
(2)改善策の実施状況の評価

私達の取組

各部門のご紹介

病院広報誌「かしわば」

関連施設のご紹介

ページのトップへ戻る