脳神経外科・脳神経内科・精神科・循環器内科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科

柏葉脳神経外科病院

トップ »診療のご案内 >専門外来のご案内 ボツリヌス療法

ボツリヌス療法のご案内

ボツリヌス療法とはボツリヌス菌が作り出すA型ボツリヌストキシンという天然のタンパク質を有効成分とする薬を筋肉内に注射する治療法です。ボツリヌストキシンには筋肉に作用している神経の働きを抑えることで筋肉の過度の緊張や痙攣を和らげる効果があります。

 

ボツリヌス療法の適応

顔面痙攣

片方の顔面がぴくつく

 

上肢・下肢痙縮

手足の筋肉が固くなる

 

ボツリヌス療法の効果

治療の流れ

受診

現在の症状を確認し適応の有無や治療の目標を決めます。場合によって画像診断もおこなうことがあります。

治療

固くなった筋肉に注射の投与をおこないます。注射部位によっては超音波を使用し投与部位を確認します。

*治療効果は注射の2-3日後より現れ、通常3-4ヶ月間持続します。

*注射後の経過や効果を見ながら2回目以降の投与を考慮します

 

診察日は(予約制)

毎月第1土曜日 9:00 ~ 12:00

 

ご予約の方法は

お電話でご予約してください

TEL: 011-859-5636

 

予約受付時間

【平 日】9:00~12:30 13:30~16:00

【土曜日】9:00~12:00

 

専門外来のご案内

各部門のご紹介

病院広報誌「かしわば」

関連施設のご紹介

ページのトップへ戻る