急に症状が起こり、速やかな治療が大切です。

脳卒中とは

脳卒中は、一つの病名ではなく、脳梗塞脳出血くも膜下出血などの症状の総称です。

脳梗塞

脳梗塞には、脳血栓脳塞栓があります。脳血栓は、太い血管がどんどん細くなって起きるもので、その背景には動脈硬化があります。

脳血栓は、太い血管がどんどん細くなって起きるもので、その背景には動脈硬化があります。脳血栓の背景にある動脈硬化は、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙習慣があると起きやすいものですから、こうした疾患があったり、健診などで指摘を受けたことがある人は、前もって症状が出る前に、脳の検査を受けておくことが大切です。定期的に脳神経外科のドクターに診てもらうようにしてください。検査はMRIや3D-CT、MRAでおこないます。

一方脳塞栓は、心臓をはじめ他の部位の血管から血の塊りなどが頭の血管へと飛び、脳の血管に直接詰まってしまうものです。この背景には、不整脈や心筋梗塞などの心疾患もあります。心臓疾患を持つ人の場合も同じく、脳の血管の状態に注意をしなくてはいけませんから、やはり定期的に検査を受ける方が良いと思われます。

脳梗塞の前兆としていわれているのが、一過性脳虚血発作です。脳梗塞の症状としては、手足などの麻痺、ろれつが回らないなどの言葉の障害、しびれなどの感覚障害、強いめまいなどがありますが、一過性脳虚血発作とは、これらの症状が起きて、数分から数時間で消失するものです。しかし、病状が治癒した後も大きな脳梗塞を発症する確率が高いため、症状が消えた場合でも、すぐに脳神経外科を受診するようにしてください。また、多くは脳梗塞の発症とともに症状を呈するのですから、とにかく症状に気づいた時点で脳梗塞が始まっているととらえ、大至急脳神経外科を受診することが大切です。

脳梗塞の治療は、一般的に点滴やお薬を使う内科的な治療方法となります。脳血管に詰まったものを溶かす溶解術という方法もありますが、これの適用条件は厳密で、救急で運ばれたからといって、どの患者さんにでもおこなえるものではありません。極めて限られた治療法です。このため内科的治療をおこない、場合によっては脳が安定した時点で、血液を増やしてやるバイパス術という外科的治療をおこなう場合もあります。

脳出血

脳出血とは、その文字の通り頭の中に出血が起きるものです。原因としては脳の動脈硬化があります。そのため、高血圧症がベースにあり高血圧性の脳出血が多くみられます。前兆と呼べるような前駆症状はありませんから、高血圧があって次のような症状が出た場合、急いで病院にかかるようにしてください。

症状は、脳出血で脳に障害を受けた部位で変わってきますが、脳梗塞と同じく、手足の麻痺、言葉の障害、感覚障害などの神経症状が現れます。これも日頃の生活習慣が大切です。アルコールやタバコ、食生活、適度な運動などに注意を払い、血圧をきちんとコントロールしてください。

治療は、大きな出血が起きている場合は、血の塊りを摘出する外科的な治療となりますが、小から中程度の出血であれば内科的な治療で血圧をコントロールします。

脳梗塞の場合も、脳出血の場合も共通して言えることは、後遺症、特に麻痺が残るケースが多いということです。そのため治療は急性期の状態だけでなく、長期的なリハビリも治療の一つであり、日常生活に復帰するためには重要な治療となります。

クモ膜下出血

脳梗塞や脳出血以上に生命を危険な状態に陥れるのが、くも膜下出血です。一般にくも膜下出血を起こした患者さんのうち約40%は病院に来られずに、あるいは運び込まれても結局は亡くなってしまうとされ、約40%の人は意識障害や麻痺などの後遺症が残り、10% 強の人が病院から歩いて帰ることができると言われています。

くも膜下出血の原因は、9割以上が脳動脈瘤が破裂して起きるものです。くも膜とは、脳の周りの蜘蛛の巣状の薄い膜で、この膜と脳の間にある脳動脈瘤が破裂して、脳の周りに急激に出血が起きるため、頭に急激な激痛が起こり、嘔吐などを伴って発症します。意識障害も発症と同時に加わる場合もあります。

くも膜下出血は、再出血を高率で起こし、どんどん状況が悪くなって行くことが多く、頭が痛いといって救急車を呼んでいる間に意識が悪くなった場合には、既に再出血の可能性があります。そのため、まず治療は、瘤がどこにあるのか血管の精密検査をして、動脈瘤を頸部でつぶすクリッピング術で再出血を防ぐことが重要となります。

また、くも膜下出血後には、正常な血管が細くなる攣縮という合併症が、30〜40%の人に発症することになります。こうした合併症は、予後を大きく左右することになり、内科的治療や血管内治療もおこなわれます。

現在では脳動脈瘤は、発症する前に早期に発見し、必要に応じてクリッピング手術をして、瘤の破裂を防ぐような治療方針がすすめられています。特に、家族内発症が多いことは知られていますので、身内に患者さんがいる方は、発症前に検査(特にMRAなど)を受けて、積極的な予防を心掛ける事が大切です。