脳神経外科・脳神経内科・精神科・循環器内科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科

柏葉脳神経外科病院

トップ »診療のご案内 >専門外来のご案内 もの忘れ外来

動脈瘤外来のご案内

動脈瘤外来は、木曜日のAM10~12時の時間帯で開設しております。
多くは当院脳神経外科外来受診で動脈瘤が発見され、その後動脈瘤外来に紹介されますが、動脈瘤と診断された方は、他院(外部)からの電話での予約も可能ですので、お気軽にご相談ください。
担当医師:丸一勝彦・伊藤康裕ほか(緊急手術が入った際には、他の医師の代行診察、もしくは日程変更をお願いさせていただく場合がございます。ご了承ください。)

 

動脈瘤について

まずは瘤の大きさを確認します

動脈瘤は、珍しい病気ではありません。トータルして考えると、成人の100人中5人が動脈瘤を保有していると言われています。その全てが必ず破裂するというわけではなく、破裂する確率は小さいものから大きいものまで含めて、年間約1%前後と報告されております。大きい動脈瘤のほうが破裂しやすいとされていますが、小さいからといって破けないというものでもありません。
動脈瘤は、年齢・性別・高血圧の既往・動脈瘤の大きさ・存在部位・形態(ブレブの存在)などによっても破裂率が変わります。

 

破裂した場合は

不幸にも破裂してしまうと、『くも膜下出血』になることが多いです。脳動脈瘤破裂に伴うくも膜下出血は死亡率が高く、約半数以下の方は即死あるいは昏睡状態に陥り、どうにか病院に搬送され適切な治療を受けたとしても、病前の状態で社会復帰がかなうのは、約25%に過ぎない恐ろしい病気です。

 

治療法は

治療法は、開頭によるクリッピング術(手術用顕微鏡を用いて、動脈瘤の頸部にチタン製のクリップをかけます)、血管内治療によるコイリング術(多くは足の付け根の血管を穿刺し、ここからカテーテルを頭蓋内にまで誘導し、動脈瘤の中に金たわしのようなコイルを充填します)、保存的に経過を見ていく、または複雑な動脈瘤の場合には特殊な治療などの選択肢があります。何がベストな治療法であるか、症例に応じて十分な検討が必要になりますので、一緒に相談していきましょう。

 

まずは受診してください

動脈瘤を指摘された場合でも、そんなに落ち込まずに、まずは一度気軽に脳動脈瘤外来を受診してみてください。

 

診察日は(予約制)

毎週木曜日 10:00 ~ 12:00

 

ご予約の方法は

お電話でご予約してください

TEL: 011-859-5636

 

予約受付時間

【平 日】9:00~12:30 13:30~16:00

【土曜日】9:00~12:00

 

専門外来のご案内

各部門のご紹介

病院広報誌「かしわば」

関連施設のご紹介

ページのトップへ戻る