入院中の患者さんの栄養ケアは、主治医が示す診療計画に沿って、薬物療法やリハビリとともに行われています。入院早期から社会復帰に至るまで、医師・看護師・薬剤師・リハビリテーションの各療法士・医療ソーシャルワーカーなどの多職種がカンファレンスや回診を通して協働し、多角的な視点で患者さんの栄養状態を評価し、随時栄養計画の見直しを行っています。このため、栄養補給の方法・食事形態・栄養提供量などは、患者さんの病状や栄養状態に合わせて選択されます。そして栄養計画は、臨機応変に対応できる力を持った給食管理・調理担当者が献立や料理に反映させて、患者さんに治療食として提供しています。食は生きる力の源であり、疾病の予防や治療の一役を担うものです。患者さんが減塩食や糖尿病食などの治療食を入院中に体験することで、病状に合った食習慣を学習され、今後の生活に生かしていただきたいと願いながら日々仕事に取り組んでいます。