当院では、職員一人ひとりが充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、仕事と家庭、仕事と育児の両立を図るために次のように行動計画を策定し、ここに公表いたします。

計画期間

平成27年4月1日 〜 平成30年3月31日

内 容

目標1:育児・介護休業法に基づく育児休業等、雇用保険法に基づく育児休養給付、労働基準法に基づく産前産後休業など諸制度の周知をし、職員のニーズに対応した幅広い勤務形態を選択できるような職場環境を作る。
対策:「育児休業規程」「仕事と育児の支援制度の紹介」「結婚・妊娠・出産・育児・職場復帰に関する職場風土改善の具体例」についてイントラネット上に掲載し、職員への周知を図ると共に「相談窓口」を設置し、休業給付、育児期間中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行なう。
目標2:育児休業を取得している職員の円滑な職場復帰を支援する。
対策:育児休業後に職員が復職しやすくするため、休業中に院内広報誌、資料送付等により情報提供を行なう。
目標3:地域の小・中学生等に医療関係職種の業務内容について啓蒙し、将来の希望を広げて貰うことに寄与する。
対策:各学校と協力し、地域小・中学生の職場体験等を積極的に受け入れる。
目標4:復職支援・就業促進講習会への積極的参加により、出産や子育てによって、やむなく退職した人に対する復職支援を促進させる。
対策:復職支援講習会・就業促進講習会受講者の積極的臨床実習の受け入れ協力及び個々の背景や希望に沿った勤務形態などについて具体的な相談に応ずる。。

職員への周知方法

イントラネットへの掲載、院内広報誌

公表の方法

インターネットの利用(病院ホームページへの掲載)