患者さんへの奉仕は、健全経営が基本です。管理部は、「入るを計りて出ずるを制す」の精神で、総務・医事の2課が病院の台所として、その運営をつかさどっています。      

総務課

総務課の担当する業務の範囲は広く、経理をはじめ、財務関係、人事・労務関係、設備・備品の保守管理、役員及び医局秘書業務、図書室管理、庶務・用務関係、委託業者関係等々。医療看護関係、受付・会計・レセプト等の医事業務以外はすべてがその範疇に入り、文字通り多岐にわたった業務を受持ち、少数精鋭で取り組んでいます。 中でも、私たちの仕事が院内の人間関係の要であることを全員が認識し、「いつも明るく気楽に対応する総務課」をモットーとした取り組み姿勢は、今後も継続していきたいと考えています。

他に受持つ業務としては、様々な社会の変化に対応すべく、よりニーズの高い患者さんのプライバシーの保護と、カルテなど診療録開示体制を強化するため、資料の管理充実を図る病歴管理業務の強化。また、地域医療、地域住民とのネットワーク関係作りに努力しています。

医事課

MRI_1.2

医事課は事務部門ではありますが、患者様に接する時は、事務的であってはなりません。
病院を訪れる方は、不安を抱えてこられます。
患者さんの尊厳とプライバシーを尊重し、受付された時点から「安心」という薬の治療が始まっているのだという意識をもち、「笑顔」という特効薬で治療に参加しているのだということを、常に念頭において行動することを心がけています。