脳神経外科・脳神経内科・精神科・循環器内科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科

柏葉脳神経外科病院

トップ »部門紹介 >リハビリテーション科

リハビリテーション科

当院では「脳卒中ケアユニット」を中心に、入院当日または翌日から理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)のチームによる早期リハビリを始めます。また、院内に回復期リハビリテーション病棟があるので、当院内で急性期から回復期まで365日毎日シームレスリハビリテーションを病棟毎のチームでおこなっています。療法士を担当病棟毎に分けチームを作ることで、患者さんの状態や状況を共有できるのでチーム内の連携が高まり、患者さん一人ひとりに合わせたオーダーメイドのリハビリテーションをおこなっています。

 

理学療法

理学療法では、身体機能の改善を目標に、起きる、座る、立ち上がるなどの基本的な動作を中心に訓練を進めていきます。歩くことは大きな目標です。様々な訓練や杖などの補助具を提供することができます。訓練開始直後はベッドから離れて生活できる様に、そして徐々に支えがしっかりとした平行棒から歩く訓練をはじめ、院内の平らな環境、そして階段の上がり降りなどの訓練、屋外の歩く訓練を進めて行きます。
2016年6月よりウォークエイドという、きれいに歩くことを期待する神経筋電気刺激装置を導入しています。つま先が上りにくい場合、電気刺激にて動きを促すことが可能となります。安心して一歩踏み込み、そして足元を見ないで顔を上げて歩くこと、きれいな歩行が出来る様になることを目指しています。

 

作業療法

作業療法の「作業」とは、日常生活動作、家事、仕事、趣味、遊び、対人交流など、人が営む生活行為の全てと、その遂行に必要な心身の活動を示しています。脳神経外科、脳神経内科の疾患で心身に障がいを受け、病前におこなっていた作業や生活行為が難しくなった方に対し、医師の処方に基づき作業療法がおこなわれます。具体的には、身体機能や高次脳機能の状態を確認し、難しくなっている作業や生活行為の問題点を挙げていきます。その問題の解決に向けて、食事や着替え、トイレ動作などの日常生活動作訓練や身体機能および高次脳機能訓練を実施します。加えて、病前の役割などに応じ、家事動作や復職へのアプローチもおこないます。
脳卒中に伴い上肢に運動麻痺をきたした方に対しては、ニューロリハビリテーションの理論に基づき、随意運動介助型電気刺激を用いたIVES療法を展開し、機能回復に向けた取り組みを積極的におこなっています。

 

言語療法

言語療法室では、さまざまな脳損傷の後遺症で、言葉が思い出せない・間違える、言葉が理解できない、呂律が回らないといった症状でコミュニケーションがうまくとれなくなった方に評価や訓練をおこなっています。また、食べ物や水分の飲み込みが難しくなる「摂食・嚥下障害」に対しては、適宜、VF(嚥下造影検査)やVE(嚥下内視鏡検査)をおこない、医師の指導のものとで訓練を進め、安全に口から食べることが出来る様にサポートしています。

 

Web セミナー

各部門のご紹介

病院広報誌「かしわば」

関連施設のご紹介

ページのトップへ戻る