脳卒中(脳内出血・ 脳梗塞・くも膜下出血)などを原因とした「運動麻痺」「言語障害」「嚥下障害」「高次脳機能障害」などによる生活動作能力の低下を改善するための訓練を行っています。

リハビリテーションルームには理学療法室、作業療法室、言語療法室、ADL室が設置されており、さまざまな訓練をスムーズに移行させています。また、リハビリテーションスタッフが患者さんのベッドサイドへ出向き、医師の指導下で病状の変化に合わせたリハビリテーション治療も行います。
  医師、看護師、リハビリテーションスタッフ、医療ソーシャルワーカーが密接に連携しながら、患者さん一人一人の退院後の生活に焦点を当てて目標を設定し、リハビリテーションを進めていきます。