病院指標とは、DPCデータから全国統一の定義と形式に基づき病院指標を医療機関自ら作成し、市民向けに情報公開を進め、病院の様々な機能や診療状況などを数値化し、時間的変化を評価・分析することにより、医療の質の向上に役立てることを目的としています。

 指標の作成に際して

【使用するデータ】

DPC様式1(カルテからの情報)、様式4(医科保険診療以外のある症例、調査票)、Dファイル(包括診療明細情報)のデータを使用し、項目を算出しました。

【集計条件】

平成27年4月1日から平成28年3月31日までの退院患者であり、一般病棟に1回以上入院した、医療保険で入院した患者を対象としています(自賠責、労災、自費等は集計から除かれます)。入院後24時間以内死亡又は生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植は集計対象外です。

【集計方法】

患者数は、一般病棟への1入院、1患者としてカウントしております。

 DPCデータを用いた病院指標