脳神経外科・脳神経内科・精神科・循環器内科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科

柏葉脳神経外科病院

トップ »看護部のご紹介

看護部のご紹介

柏葉脳神経外科病院は、急性期(51床)・亜急性期(49床)・回復期(44床)、それぞれ特徴をもった3病棟で運営しています。医師をはじめとするリハビリ・心理療法士・音楽療法士・薬剤師など他部門のスタッフと協働し患者さんに最良の医療を提供するよう努めます。発病の時期から回復までの患者さんの心と体を支え、さらに退院後のご自宅でもその人らしく生活ができるように地域に密着した連携を大切に致します。一人一人の看護師が患者さんの意志決定を支え常に笑顔で看護を実践する教育に力を入れています。

 

看護部

教育・研修風景

 

看護部の理念

患者さんの生命を支え、安全で安心な生活の質に配慮した看護を実践します。
個々の治癒力を高めるため、優愛明笑の精神で看護にあたります。

 

看護部の方針

  • 病院基本方針と看護部運営方針を理解し、一人一人が目標をもって看護する。
  • 看護の質を高いレベルに保つ。(救命救急・機能回復・自立への看護・終末期の看護)
  • 安全を第一に事故防止を徹底する。
  • 患者さん・家族へのインフォームド・コンセントを大切にする。
  • 地域連携を深め効果的な継続看護をする。
  • 業務を能率的・効果的・経済的に進める。
  • 常に自己研鑽し自律した看護職員を育成する。

 

看護部の教育

看護部教育理念

「優しさと知恵をもち、常に自分を磨く自律した看護職者を育てる」

 

看護部教育体制について

「皆で育てる」ことをモットーに、各部署ではプリセプター、新人教育担当者をはじめ、スタッフ全員で新人看護師を支援する体制(屋根瓦方式)が定着しています。
新人教育では、1年かけて成長できるよう研修プログラムを組んでいます。
4月~5月は集中研修期間として、基本的な看護技術の講義・演習を各部署の主任、教育委員等経験豊富な先輩看護師が担当し、臨床現場に即した「準備から患者への説明、実施」という体験型研修を行っています。
その後は、毎月1~2回の集合研修を受けながら、配属部署の教育スケジュールのもと、少しずつ仕事を覚えステップアップしていきます。
縁があって入職してくれた新人看護師ですので、一人前の看護師として成長できるよう大切に育てていきたいという気持ちで関わっています。

 

Web セミナー

病院広報誌「かしわば」

関連施設のご紹介

ページのトップへ戻る