脳神経外科・脳神経内科・精神科・循環器内科・リハビリテーション科・放射線科・麻酔科

柏葉脳神経外科病院

トップ »看護部のご紹介

看護部のご紹介

柏葉脳神経外科病院は、急性期(51床)・亜急性期(49床)・回復期(44床)、それぞれ特徴をもった3病棟で運営しています。医師をはじめとするリハビリ・心理療法士・音楽療法士・薬剤師など他部門のスタッフと協働し患者さんに最良の医療を提供するよう努めます。発病の時期から回復までの患者さんの心と体を支え、さらに退院後のご自宅でもその人らしく生活ができるように地域に密着した連携を大切に致します。一人一人の看護師が患者さんの意志決定を支え常に笑顔で看護を実践する教育に力を入れています。

 

看護部

教育・研修風景

 

看護部の理念

患者さんの生命を支え、安全で安心な生活の質に配慮した看護を実践します。
個々の治癒力を高めるため、優愛明笑の精神で看護にあたります。

 

看護部の方針

  • 病院基本方針と看護部運営方針を理解し、一人一人が目標をもって看護する。
  • 看護の質を高いレベルに保つ。(救命救急・機能回復・自立への看護・終末期の看護)
  • 安全を第一に事故防止を徹底する。
  • 患者さん・家族へのインフォームド・コンセントを大切にする。
  • 地域連携を深め効果的な継続看護をする。
  • 業務を能率的・効果的・経済的に進める。
  • 常に自己研鑽し自律した看護職員を育成する。

 

看護部の教育

看護部教育理念

「優しさと知恵をもち、常に自分を磨く自律した看護職者を育てる」

 

看護部教育体制について

「皆で育てる」ことをモットーに、各部署ではプリセプター、新人教育担当者をはじめ、スタッフ全員で新人看護師を支援する体制(屋根瓦方式)が定着しています。
新人教育では、1年かけて成長できるよう研修プログラムを組んでいます。
4月~5月は集中研修期間として、基本的な看護技術の講義・演習を各部署の主任、教育委員等経験豊富な先輩看護師が担当し、臨床現場に即した「準備から患者への説明、実施」という体験型研修を行っています。
その後は、毎月1~2回の集合研修を受けながら、配属部署の教育スケジュールのもと、少しずつ仕事を覚えステップアップしていきます。
縁があって入職してくれた新人看護師ですので、一人前の看護師として成長できるよう大切に育てていきたいという気持ちで関わっています。

 

部所紹介

外来

外来では、脳神経外科を中心に脳神経内科・精神科・循環器内科の外来診療を行っています。1日の患者数は130人前後で初めての受診や定期受診の患者さんだけでなく、救急車症例にも対応しています。平成30年9月からは電子カルテが導入され、スムーズかつ安心して診察が受けられるように心がけています。また、患者さんが安心して自宅での生活が送れるように、他部門や病棟と情報共有して支援できるように努めています。今後も、外来受診の短い時間の中で患者さんの立場に立った看護援助ができるように取り組んでいきます。

 

A館2階病棟

A館2階病棟は、脳血管障害患者さんの初期治療後の継続した治療とケアを担う亜急性期病棟です。患者さんの多くは重い意識の障害や、手足の麻痺や言葉の障害を抱えています。機能回復を期待して、多職種とも協働し、合併症を予防しながら身体を起こすことに取り組んでいます。少しずつ目が開く時間が長くなり、反応がでてくることに御家族とともに一喜一憂しながら、日々の反応や良くなる兆しを大切に看護を実践しています。

 

A館3階病棟

A館3階病棟は脳外科中心の急性期病棟で看護師45名・看護補助者9名が3交代で勤務を行っています。SCUでは脳梗塞・脳出血の術後管理やt-PA、血栓回収術後の管理や一般病棟ではくも膜下出血・脳腫瘍やその他の術後の管理を行い、医師・理学療法士・作業療法士・言語療法士、病棟薬剤師、医療相談員・音楽療法士・管理栄養士など様々な部門と協働を図りながら安全に安心して早期離床・早期退院を目指し支援できる体制をとっています。異常の早期発見や患者さんや家族の方の不安などに寄り添える看護をを大切にしています。

 

B館2階病棟

当病棟は回復期リハビリテーション病棟です。
回復期リハビリテーション病棟は、脳血管障害などの急性期の治療を終えた患者さんが機能回復を目指し集中的リハビリ訓練を行うリハビリ専門の病棟です。
当病棟では医師をはじめ、看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカーなど他職種のスタッフと連携し、チームで回復を支援しています。

 

手術室

手術室では脳腫瘍摘出術や脳動脈瘤クリッピング術などの開頭術やカテーテルを用いた血管内手術を含め、年間で350件以上の手術を行っています。また、血管造影検査の介助や術前訪問など手術室ならではの看護に力を発揮し、患者さんの不安軽減に努めています。 医師、麻酔科医、看護師、臨床工学技士、検査技師が協力し、安全を最優先とした手術に取り組んでいます。

 

Web セミナー

病院広報誌「かしわば」

関連施設のご紹介

ページのトップへ戻る